2019年の活動


2019年の活動




2019年11月17日(日)規範教程研修会

規範教程研修会

日本健康太極拳協会・大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・和歌山県・滋賀県 6支部共催

  • 日 時:令和1年11月17日(日)
  • 場 所:奈良・春日野フォーラム甍 会議場
  • 講 師:楊 進 理事長
  • 参加者:関西ブロック各支部から、参加者約290名

 楊進理事長よりNPO20周年記念大会のお話と中国・四国地区にも支部が出来る見通し、全国が網羅できる見込み
 組織体制も支部長や本部理事も順次入れ替わり新しい組織に徐々に変わってきた

11月20日太極拳全国交流大会があり、楊名時太極拳は「百花拳」で友情出演する
2025年は楊名時先生生誕100周年にあたり五台山詣でを計画しているが今年も協会20周年に合わせて8月に約100人が前倒しで挙行し参加した
さらに楊式太極拳、武式太極拳のルーツを求めて50名以上が計8日間の日程で回ってきた

一般感覚野は脳が覚えている、体が経験していない事は覚えない
太極拳も同じで経験した運動ではないのでなかなか覚えられない感覚が大事で型を正してもらう事で正しい動きななる。
これらの研究は認知症治療に活用すべく開発されている

楊澄甫の43歳時の写真が子孫の家から発見されたとても貴重な資料である

楊露禅の住んでいた家が永年県に移築され一般公開されている
その学院で伝統楊式太極拳を稽古していた

楊式の古式套路も練習しいてとても興味深かった

太極拳の学習
日本と中国の取り組みの違いと場の成り立ち
   日本           中国
趣味・文化サークル  民間武術・公園に集う
 健康志向          民間武術
   ↓            ↓
  競技化          健康法
   ↓            ↓
 介護・医療         競技化

中国の伝統的な太極拳訓練法
1..基本訓練:基本的な体の動かし方と姿勢の基礎 立ち方・歩き方
2.単式訓練:套路の形式をひとつずつ繰り返す
3.組み合わせ訓練:単式をつなげて繰り返す
4.分断訓練:組み合わせを更に連ねる(8組4段)
5.整套訓練:分断を組み合わせ套路を完成させる
6.超套訓練:約束組手・乱取り  推手訓練が代表格

基本訓練を充実すれば効能は確実に上がるが、地味で全く面白み
がないので指導者の創意工夫が必要
初心者が気を付けるポイント
ケガの予防、ヒザ、腰、骨盤の向き、歩き方

まとめ
1.足の運びを重視
2.踵に体重を乗せる事をマスター
3.お腹(臍)が正面を向くのは最初と最後のみ

生徒として
最初から多くを学ぼうとはしない
課題をしっかりと学習する
師と生徒の関係は信頼関係、自分勝手に課題を増やさず、相談する

指導者として
知識を与える
方法を教える
方向を示す
間違いを正す

実技
 
☆開歩・閉歩の要領説明
   筋力に頼らず頭の重さをうまく利用して軸の回転を使って足の出し入れをする

☆起勢
 上下相隋で動く事 上肢と下肢の動きは完成一致
 手を上げるの時は息を吸いながら百会を意識し姿勢は場腰(ターヤオ)となり下げる時は会陰を意識して下肢を緩めてから手が追従し姿勢は収臀(シューデン)となる

 仙骨と頭の使い方がとても大切
 八段錦第五段 揺頭擺尾・去心火も同じ要領

☆甩手
 軸の緩みで回転させるが、膝への負担を減らす為にお尻を振らない様にしないといけない
 軸足は内転筋を使う

2019年10月19日(土) 第10回 楊名時八段錦太極拳・奉納演舞

第10回 楊名時八段錦太極拳・奉納演舞

日本健康太極拳協会・京都府支部主催

  • 日 時:令和1年10月19日(土)  14:00~15:00
  • 場 所:黄檗山萬福寺境内
  • 講 師:楊 玲奈 師範
  • 参加者:関西ブロック各支部から、参加者約80名

例年『晴れ』というのが恒例の萬福寺・奉納演舞ですが、朝からあいにくの雨模様でした。それでも、開始時刻になるとなんとか曇り空になり、例年通りの開催ができました。

今年は楊玲奈師範を東京からお迎えして行われました。

立禅、甩手(スワイショウ)

八段錦前半終了後、太極拳が始まりました。

八段錦後半は空模様を考慮して、第6段と第8段をおこない、立禅、甩手(スワイショウ)で終了しました。終了後は待ちきれなかったかのように雨がポツポツと振り出しましたが、参加者は楊玲奈先生を囲んで記念撮影などをして散会となりました。

月台石段で楊 進理事長を囲む役員たち。

2019年3月10日(日) 関西春の集い

楊 慧先生をお迎えして

日本健康太極拳協会 ・
関西ブロック(大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・和歌山県・滋賀県支部)共催

  • 場所:大阪国際会議場
  • 講話:楊 慧副理事長
  • 本部報告:中谷本部理事
前半:ご講話及び本部報告
後半:実技指導(八段錦、全体稽古 ほか)
  • 参加者数:約340名
東京都支部南地区より 佐山本部顧問、落合前支部長
    下田師範、北島師範、角井師範、永田師範、池田師範
    がゲスト参加されました

ご講話
関西春の集いは毎年とても楽しみにしています。
毎回ご参加の方や、初めてご参加された方、色々な事情があって久しぶりにご参加された方など、それぞれの思いがありますが、この時間と出会いを大切にしたい思います。
来年は楊名時太極拳創設60周年にあたります。
お祝い事は今年行いますが、一粒の種が皆様のご協力によりここまで大きく成長しました。此れからも永く続けて行くためには皆様の同心協力が無くてはなりません。
先日、市原悦子さんがお亡くなりになりましたが、生前書かれた常田富士夫さんへの追悼文の中に「日本むかし話」を始めるにあたって二人の約束事で「世の中が速く進んでゆく中で出来るだけゆっくりと話そう」「お互い永く続けよう」との文章が有り師家の想い、気持と全く同じでゆっくりで良いから永く続ける事の大切さを更に深めました。
「太極拳のゆとり」の復刻版が出版されます。楊名時師家の想いがとても強く伝わってきますので、もしも未だお持ちでないならばお手元においてください。この出版にあたっては師家と出版社の役員の方とのご縁があり未だに多くの方々に中に師家が生きている事を感じました。

本部報告
リニューアルされた「太極」について皆の反応確認と本部会員入会のお誘い案内がありました。

ゲストの佐山本部顧問、落合 前東京都支部支部長ほか5名の自己紹介や師家との思い出などのお話がありました。

 実技指導
楊慧先生
    立禅、甩手
 八段錦 第一段~第四段
 全員で行いました。

二班に分かれ、太極拳を全員で行いました

八段錦 第六段、第八段

呼吸器学会の木村先生が偶然に居合わせ途中から特別参加されました

(記事・写真は兵庫県支部ホームページから転載)